病気を治療歯科が叶える綺麗な歯

最適な方法で

矯正歯科治療には色々な方法があります

矯正歯科治療の種類としては金属ブラケット、審美ブラケット、セルフライゲーションブラケット、裏側矯正、ハーフリンガ矯正、マウスピース矯正などがあります。金属ブラケットは比較的安価な価格で治療ができますが、装置が金属であるため目立ちやすいところがデメリットです。審美ブラケットは金属ブラケットのデメリットである目立ちやすさを改善した治療方法ですが、金属ブラケットと比べ治療費が高価で耐久性が低いところがデメリットです。裏側矯正は歯の裏側に装置を装着する方法で人から気づかれにくい治療方法です。それぞれの治療方法によりメリットやデメリットがあり、治療をする際には医師としっかりと相談した上で自分の希望に合った治療方法を選ぶことが大切です。

矯正歯科治療を受ける上での注意点

綺麗な歯並びにするために効果的な矯正歯科治療ですが、治療をしている間はしっかりとしたケアが大切です。治療中は虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。この原因にケアしにくいという点が挙げられます。矯正するために装置を装着しているためブラッシングをしにくく、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。そのため、毎日のケアでは普段より時間をかけてしっかりとケアをすることが大切です。このケアを怠ると治療期間が延びる可能性もあります。ケアがしっかりとできていないために虫歯や歯周病が悪化してしまうと、装置を外して治療をしなくてはいけなくなってしまいます。装置を外してしまうと効果が薄れてしまうため、また装着しいても治療期間が延びてしまうこともあるので、毎日のケアはとても重要です。